地域に役立つ訪問看護を開業しよう

“訪問看護を開業する時は、まずその地域のニーズを把握することが大切です。地域のニーズは場所によって異なります。都市部だったら、一人で暮らしている方が多いので、単身世帯のニーズが高いです。地方でも一人で暮らしている人はいますが、家族と暮らしている人もいます。この場合は、訪問看護に対するニーズはやや低いと考えた方が良いでしょう。医療機関との連携も考えておく必要があります。その地域で一番患者の数が多い病院に行って、連携を提案します。その病院自体が訪問看護ステーションを開業している可能性もあります。その場合は、他の地域で開業することも考えましょう。地域包括センターに行くことも大切です。地域包括センターでは、その地域の看護や介護の現状を把握して、開業に役立てましょう。

その地域で働いている人を雇用しよう

訪問看護を開業する時は、良質のスタッフを集めることが大切になります。その時に特に重要になるのは経験のあるスタッフです。その地域で看護師として働いたことがある人を、できるだけ多く集めましょう。介護職でも構いません。そして、その地域の現状に合ったサービスを構築します。優秀な人の場合は、今働いているところから引き抜いても良いでしょう。看護の仕事は負担が大きいので、負担の軽減をアピールできたら、引き抜きに成功できる可能性が高くなります。そこで働いている人は貴重な情報を知っている可能性が強いです。それを聞きだすように努力しなければなりません。特に同業者の動向には注意しましょう。成功している同業者がいたら、その同業者が行っていないサービスをいくつか考える必要があります。

夜間の看護のサービスのニーズは高い

一人暮らしの方の場合は、夜間の看護を依頼することがあります。病気が悪い状態だったら、昼間よりも夜間の方が不安は高まります。一人で暮らしているので、その不安を和らげる人がいません。そんな人の元に看護師が行けば、歓迎されるでしょう。認知症で夜間に状態が悪くなる人もいます。眠れないで騒いだり、急に怒り出したりします。そのような場合は、家族では対応できないので、看護師の力が歓迎されます。場合によって医師と連携して、悪くなった人の家を訪問しても良いでしょう。夜間の仕事があると、人材が集まりにくくなる恐れがあります。その場合は、報酬をできるだけ高くしましょう。人件費が高くなりますが、それを使うのを避けてはいけません。夜間の訪問看護はその地域の人に歓迎されるので、そのサービスで利益を出すことは可能です。”

ケアーズ訪問看護ステーション開業運営支援は業界トップクラスの支援数。豊富なノウハウでサポート。 開業や運営のためのマニュアルもケアーズにお任せください。 高齢化社会を迎え、福祉サービスの多様性が増しています。 メール・Webでのお問い合わせは24時間受付です。 訪問看護ステーションは、民間参入が可能な医療事業で、参入企業も増えており、注目されている業種です。 訪問看護の開業支援致します【ケアーズ】