訪問看護の開業をお考えの方必見の情報です

“高齢化に伴い、医療へのニーズは高まっています。医療機関では医師不足、看護師不足が叫ばれて長年問題になっています。また、自宅で看護を受けたいという方に向けて訪問看護も注目されています。看護師が利用者の自宅に赴いて看護を行う事業で、異業種からの参入も盛んです。また、看護師が独立して開業の準備を始めるというケースも少なくないようです。訪問看護は医療機関からのサービスは少なく、減少しています。一方、民間で開業して新しく始める人は増えています。需要が多い為、事業者間での獲得競争が起こりにくく、安定して経営できる確率が高いです。ここでは、訪問看護の開業を考えている方に役に立つ情報を伝えていきます。開業に必要なことをざっくりと理解しておきたい人におすすめです。

看護師が訪問看護事業を開業する場合

看護師が医療機関から独立して訪問看護事業を開業する場合は、費用とリスクを抑えて身の丈にあった方法で開業することが大切です。まず、開業場所ですが自宅を看護ステーションにすることはできません。こういう住居用スペースは使えないことになっているので、賃貸物件や賃貸オフィスなどを借りる必要が出てきます。あとは人材と備品の用意です。人材をすでに確保できているという場合は人件費だけ考えればいいですが、これから集める場合には採用業務に時間とお金をとられる可能性があります。備品はそれほど多くありませんが、定期的に買い替えが必要になるので将来的にどれくらいのコストがかかるかを計算しておきましょう。訪問看護の開業を目指している人向けのセミナーもあるので、それに参加してみるという方法もあります。

開業に必要な条件と費用を考える

訪問看護ステーション開業のためには、看護師資格を持っている人、訪問看護を行う為の設備の基準を満たしているか、運営基準を満たしているか、といったことが必要になってきます。運営基準は、報告書や指示書の基準を満たしているか、利用者や支持者との連携が取れる環境で安全に行えるかどうか、といったことです。会社設立費、賃貸料、事務所の備品といったことを足し合わせると、大金になりそうですが、賃料が安い土地や中古品で備品を揃えることができれば、100万円前後に抑えられる可能性があります。ただし、これはあくまで開業の時にかかる費用であって、その後はスタッフの給料を払う、賃料を払う、などの諸経費を計算していくと、事業資金で400万円程度は用意しておきたいものです。”